孤独感に教われ易いのが年末年始という統計がアメリカであったらしい。多くの人たちにとって、休暇は人と一緒に過ごす時間であり、許しや優しさを感じる時だ。だが、ひどく孤独を感じる時だという人もいる。

出会い系アプリを運営する米Coffee Meets Bagel(コーヒー・ミーツ・ベーグル)が先ごろ発表した調査結果によると、この時期には実際に、多くの人が孤独感を持つようだ。

回答者の61%は、「ホリデーシーズンには普段より余計に、誰かとデートすることを考える」と答えた。これは、驚くべき結果ではない。年末にはその一年の出来事を振り返り、残念な結果に終わったことに今後どう対応しようかと考えるものだ。

正月という実感がしないのは、自分のところに歳神が来ないという事なのかもしれないと考えた。そして、歳神が来ないのは、あの世へ旅立たねばならないからなのか?あの世へ旅立たねばならないから孤独なのかもしれない。。。などと考えた。要するに、何か何時もの年と違う気がするのだ。それが杞憂であれぼ良いのだか。。。