地球が生まれてから地球上の殆どの生命が滅びるという事件が5回くらいあったそうである。地球上の96%の生命が絶滅したとされる2億5000万年前のP-T境界やユカタン半島に落下した隕石が原因の6500万年前のK-T境界が有名である。これは地層や化石から推測される地球の歴史であるが、これに対して考えるところがある。

信仰的な観点からすれば、この世界に神が存在して、この宇宙そして地球を創造したとするならば、どうして地球上の殆どの生命が滅びるような事が起こるだろうか?という疑問である。愛なる神がご自分で創造した世界を理由もなしに滅ぼされる理由はこのように信仰的に考えた場合は存在しないのである。

これに対する答えは実は簡単で滅んだ時に人間が存在していたという仮説をたてるならば合理的に簡単に説明出来る。聖書の中で神がノアの時のように、或いはソドムとゴモラを滅ぼした時のように世界を滅ぼしたという事を考えるのだ。

この議論がもしも正しいとするならば人類の歴史は考え直さねばならないだろう。何億年何十億年も前から人類は存在していたという事なのだから。。。アウストラピテクスや北京原人からというのは科学という名の幻想ではないかという事になるのだ。

証拠は無いわけでは無いのだ。OOPARTS[Out Of Place ARTifactS]。その時代にあったはずのない高度な技術・知識が使用された遺跡や遺物がこの地球上には沢山あって、中には何億年も前の地層から人間が存在しなければ考えられない例えばネジのようなオーパーツが出て来るという事もあるようなのだ。

では、またそのような事がこれからの未来でまた起こるのだろうか?という本題が問題になる。世界の終わりについての議論だ。しかし、その答えは同じく、その信仰的な観点からはNOである。現人類は神様より聖書を与えられ、十字架につけられたとはいえ神の子イエスキリストを地上に迎えたのである。それ故に信仰的な観点からすれば「世界は滅ばない」のだ。それは何時決まったのだろうか?ノアの時だろうか?虹🌈がその契約の証であると聖書にはある。それとも、神の子イエスキリストの誕生の時であろうか?本当に人類は過去の滅びの時を超えたのであろうか?UFOはその亡霊なのか?

クリスチャンなら永遠の未来を唱えるかもしれない。そうであるなら聖書の黙示録で書かれた千年王国は永遠の未来の象徴なのだろうか?これは信じるか信じないかの世界であるが論理的に納得できなければならないのだ。